• ホーム
  • 新泌尿器科学やダポキセチンで早漏やEDを治す

新泌尿器科学やダポキセチンで早漏やEDを治す

2020年04月05日
考えている男性

新泌尿器科学は泌尿生殖器についての基本的な知識について書かれているもので、これを参考にすることで中高年の男性に起こるEDや早漏などを正常な状態に直すことができます。
ダポキセチンの服用は脳の興奮を抑えることで、射精時間を長くするものですが、男性の不妊症などの症状が見られる場合には新泌尿器科学によって、治療方法を知ることができます。
ダポキセチンは脳の誤作動や精神的なストレスを元通りに直すことができますが、泌尿器の病気に関しては新泌尿器科学などによって直すことができます。
ダポキセチンというのは主に抗うつ薬などとして服用されているものですが、興奮を抑える作用があることから射精時間を長くするために服用される場合もあります。
EDや早漏などに関しては心因性のものが多いとされているので、亀頭の表面を麻痺させるだけでは根本的な治療にはなりません。
早漏を根本的に治療するためにはストレスの原因を知る必要があるのですが、早漏の場合はセックスに関するコンプレックスが原因となっている場合が多いので、ダポキセチンを服用して落ち着いた気持ちでパートナーと接することができるようになると改善することがあります。
平均的な射精時間は7分から15分程度とされているのですが、早漏の場合には1分程度で射精をしてしまうので、気持ちが絶頂に至るまでに射精が行われてしまいます。
これを防ぐためには厚めのコンドームなどを使用することが効果的なのですが、亀頭に局所麻酔薬を含んでいるスプレーや軟膏を塗布する場合もあります。
これらは簡単にできるので一時的な対処としては非常に効果のあるものですが、根本的な治療をする場合にはダポキセチンなどを服用する必要があります。