• ホーム
  • 早漏解消の包茎手術に困る状況ならダポキセチン

早漏解消の包茎手術に困る状況ならダポキセチン

2020年05月07日
心配している夫婦

過敏性早漏は包茎が引き起こすことが多いのです。
正常なペニスに近い仮性包茎ならあまり影響は出ませんが、真性包茎または真性包茎に近い仮性包茎やカントン包茎は早漏を招いてしまいます。
自分で包皮をむいて洗浄ができない状態なら、包茎手術をして改善したいものです。
むくことは可能でも、そのたびに強い痛みを伴うようならば包茎手術をしたほうが楽です。
手術は1~2回の通院で終わり、痛みに関しても今は麻酔技術が発達しているのでほぼ感じません。

包茎手術をするほどではないけど、早漏でこまる状態ならダポキセチンを服用してみるといいです。
手で簡単にむける仮性包茎でも、正常なペニスと比べると早漏を招きやすいです。
射精が早くてこまるのは男性だけではありません。
むしろ相手側の女性の受けるデメリットが大きいです。
絶頂を迎えることなく、いつも男性に先を越されると不満は溜まっていくだけです。

早漏の問題は放置しておいてもこまるだけなので、ダポキセチンを服用して改善しましょう。
ダポキセチンは個人輸入を利用すると安く購入できます。
医師の処方箋なしで購入できるので、購入前には医師の診断を受けて服用可能か聞いておくのがいいでしょう。
ダポキセチンを服用すると、過敏性早漏を改善して3倍程度まで持続時間を延ばすことができます。
5分で射精する男性なら、服用後は15分くらいまで長持ちするのです。
15分持続すれば、ほとんどの女性は満足してくれるでしょう。
ダポキセチンは脳の興奮を抑制してくれるので、SEXのとき異常な興奮を覚える方にもおすすめです。
包茎手術は避けて早漏治療をしたい方は、ダポキセチンを服用してペニスの様子を見てみましょう。
リラックスして性行為ができる状態になれば、薬を飲まなくても持続時間を延ばすことができます。